アフターピルには種類がある

アフターピルの種類

現在、日本国内の病院ではアフターピルを処方される場合、ノルレボ錠と呼ばれる薬剤のみ処方されます。アフターピルには他にも様々な種類があるのですが、日本で承認されているのはノルレボ錠のみなのです。ノルレボ錠は薬剤の単価がジェネリック医薬品に比べて高いほか、日本の病院ではアフターピルを貰う際、自由診療にあたるために保険が適用されないため、診察代などもかさんで15,000円ほどかかってしまうのです。

通販サイトでは、ノルレボ錠はもちろん、ノルレボ錠のジェネリック医薬品や他の種類のアフターピルが販売されています。さらに基本的に薬剤の料金と送料しかかからないため、病院のように高いお金を払う必要もありません。

通販サイトで販売されているアフターピルでもっとも人気なのが、アイピル(i-pill)と呼ばれるアフターピルです。ジェネリック医薬品で、単価が安く効果が高いため、どのアフターピル通販サイトでもよく売れているもののひとつです。

ノルレボ錠のジェネリック医薬品には他にも下記のようなものがあります:

・アンウォンテッド72
・マドンナ
・ポスティノール2

その他には、エラ(ella)と呼ばれるアフターピルがありますが、これは120時間以内であればかなりの確率で妊娠を回避できるというお薬です。アフターピルは基本的に72時間以内に飲む必要があることから、エラではかなり余裕を持つことができます。

このように、アフターピル通販サイトでは様々な種類のアフターピルが販売されており、購入者が予算や効果などで自分がもっとも気にいったアフターピルを購入できるようになっています。

アフターピルの種類については、「アイピル通販クリニック」でもご紹介しております。ノルレボ錠以外のアフターピルを希望している方やあまり多くのお金をかけたくないという方は、ぜひ通販サイトでのアフターピル購入をご検討ください。